2010年07月31日

センターのICT活用特別講座と校内のICT活用研修会

京都府では、「職場の先生にICTのことを分かってもらうために、どんな研修をしていったらよいか」という研修の講師役の方の、研修をコーディネートする力を付けるための、ネットワーク管理者的な先生を呼んでの、センター主催の研修があります。
わたしも今年になって、その4回連続講座に参加しています。今度、8月2日に二回目が有ります。一回目の研修の終わりに、自分が自分の学校に帰って、今年一年の内にどんな働きかけをしたか、一年かけて研修者40人全員がそれぞれレポート提出というハードな課題も頂いています。

私としては、まずは、
@先生方のニーズを引き出す。
Aそのニーズの実現のために、やり方を教える。
Bそして、手をそえながら、いっしょにやってみて、自信をつけてもらう。
C今度は、一人で自分の授業で使ってもらって、児童生徒の変化を体感してもらう。
D最後に、今後の授業に生かすかどうか検討していただく。
という感じで、研修会をしていこうと思っています。

一言でいうと、お料理教室の先生という感じですね。
どんな料理にチャレンジしたいか考えさせて、レシピを紹介して、いっしょに手本を示しながら作ってみて、味わってもらってから、同じようにはできないけれど、お宅で一人で思い出しながら作ってもらう。そして、今度にレパートリーに入れるかどうか検討してもらう。おうちの方の反応を見たら入れていくという方向なのだけれど、手間ひまのことを考えたら、どんどんローテーションに入れていくかは、検討を要するといったところでしょうか!

大切なのは、「いっしょに、手をそえてあげながら、その方に昔からハイテクに対して抵抗感があっても、苦手意識があっても、様々な機械等の扱いを共にやってみさせる。」ことです。
一方通行的な孤独感を味合わせないことが大切ですね。そして、徐々に効能について納得してもらうことに重点を置きたいと思っています。

2010年04月18日

ワードからDAISYへの変換ソフト

ワードからDAISYの変換ソフトに興味を持っています。
生徒のために、生徒とともに作っていけないかな?と考えています。

じつは、私は中学部なのですが、小学部の先生から、自分の生徒に対して、DAISYに取り組もうかなと思っているんだけど、教えてほしいと言われまして、私もあまり詳しくは知らなかったので、調べていきましたら、実に、すそ野の広い、障害者にとってもすばらしい取組でした。
しかも、Microsoft社が、ここまで、サポートをされていることに感銘を受けました。
中学部の生徒がパソコンの時間に、小学部の生徒に作ってあげるとか、必要な生徒のために、パソコンを使って制作できる生徒とともに作っていけないかな?と考えています。

エンジョイ・デイジー 私らしい方法で読む、わかる! 
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/index.html

から、再生ソフトと変換ソフトDAISY Translatorをダウンロードをして入れてみました。
Wordから、実際に作ってみたのですが、読む音声が日本語にならないので、勉強不足です。
やっぱり、Vistaでは、初めからインストールしてある音声エンジンは英語のみということで、英語をしゃべるということですね。
昔、わたしが使っていました富士通のXPのノートパソコンには、富士通独自の読み上げソフトが入っていまして、きれいな日本語でした。
今は、入っていません。
ということは、日本語の音声エンジンを、無償の物を頼むか、自分で有償でインストールしなくてはならないということですね。
練習するために、自分の分を、とりあえず、ベクターから、インストールしました。
ドキュメントトーカーです。

でも、このドキュメントトーカーもマイクロソフト社から提供されています。
http://www.dinf.ne.jp/doc/daisy/software/save_as_daisy_tts.html

盲や弱視の方だけでなく、DAISYなら、知的障害の方も活用できると考えています。

2009年04月14日

「教育の情報化に関する手引」について

「教育の情報化に関する手引」について、Webの方に掲載されています。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/zyouhou/1259413.htm
「手引き」の中の、第9章特別支援教育における教育の情報化についての第3節に
小・中・高等学校における特別支援教育の情報教育とICT活用の項が設けられています。
小中高の先生方に今まであまり明確でなかった部分が、今回は、特別な支援という意味では、すごく重要になっています。
アシスティブ・テクノロジーについては、補助具とか補助用具という形で表現されています。イラストがあってわかりやすいです。
特別支援が必要な子どもが、障害等のニーズにより、選択したICTの活用によって、学習や生活面にどんな改善ができたかという視点が大切です。情報教育と教育へのICTの活用,教育事務等へのICT活用が、より体験活動を進めたり、学習や教育活動を進めるための一助になれたら考えています。発達障害のある児童生徒への具体的な支援方策について,課題場面別に整理して情報機器の活用例が載せてあります。

2006年11月08日

先染め織物シミュレーションソフトの紹介

織物をしていくとき、イメージが持てやすいソフトがないかVECTORで織物という文字で検索をかけると、

Cloth Maker Lt

「先染め織物シミュレーション、アパレル用生地素材画像が簡単に作れます」

というのがありました。フリーソフトではありませんが、30回までは試用できますので、どんな感じかやってみました。


縦糸を入れてから、横糸を入れると、重なったところは、色を重ねてくれるので、こんな織物ができそうですよという見通しを持つことができるという面では、うれしいです。

2006年09月24日

NOTAが無料ダウンロード出来るようになりました。

NOTA(ノータ)
http://nota.jp/
というフリーのホームページ作成ソフトを、
養護学校の重度の生徒にも使いやすいソフトとして、インターネット上や学校内のイントラネットで使わせてもらっています。

そのノータが無料ダウンロードできるようになりました。

ライセンスや利用規約がありますが、教育関係に使うには大丈夫です。
作者の方も、「教育関係者に無料版NOTAを紹介することは問題ありません。また、教育利用におけるNOTAのよりよい使い方を解説したり、議論したりすることは、私たちにとってもNOTAの改善につながりますので、大歓迎です。」と言われています。
ただし、WEBサーバーにCGIなどができるようにするくらいの力がいりますが・・・。

でも、大丈夫です。もし環境が整っていない場合は、業者の取り扱っている商品もあるようです。
NOTAのサイトの中に 「教育業界向けNOTAの販売が、プライムデータ(株)より開始されました。」と出て います。

NOTAを使ってみて、使い勝手がよいのがわかっても、学校にサーバーの管理者がいない、また、管理者が転勤してしまったのであつかえる人がいなくなってこまってしまうのではないか?
さあ、どうしようという問題がよく起こります。
私たちには、サーバーの壁はまだまだ高いのです。
トップページにあります、こちらのサーバーメンテナンス付きのNOTAの方が、学校としては安心して購入できるということもあります。

私はNOTAネットワークに入会して、2年前から、学校内のWEBサーバーに置きました。
私は、無料ダウンロード版を使っています。
インストールの仕方は、このブログの中の
「学校のイントラネットにNOTAを置きました。」
に載せています。
よかったら、チャレンジしてみてください。
わからなかったら、ご相談にも応じます。

学校内では、どんな使い方ができるかというと、
生徒としては、パソコンの授業で、自分のホームページをNOTAで制作し、印刷して持って帰ったり、校内イントラネットに配信して、本校や分校の生徒にも見てもらっています。
また、NOTAのテレビ会議システムも、NOTAネットワーク仲間から、ありがたいことにオプションとして組み込ませいただき、本校・分校間の交流に使っています。

体験してもらうサイトとして、
ヒライー・ポッターのNOTA
http://hiraipotter.or.tv/nota2s/nota/
のお試し用ページでいろいろと書き込んだり、貼り付けたりしてみてください。
お絵かきも鉛筆感覚でできます。

私個人としては、こんな使い方をしています。
私は、養護学校で今年から作業学習(染色)を教えています。
事前研究のため、まずは私自身が染色に取り組んできました。
そして、しだいに藍染めに魅せられて、心から、はまってしまいました。
NOTAで、自分の作品と製作工程についてまとめていきたいと考えています。(詳細は、ブログにリンクしていきます)
また、草木染めにも取り組んでいます。よかったら、ご覧ください。
こんなサイトが、学校内で展開されています。

平井の藍染めNOTA
http://hiraipotter.or.tv/nota213/nota/aizome/index.cgi

2006年08月09日

バーコードリーダーを使った図書管理システム

学校図書館に関して参考になるサイトを検索していました。
学校図書館のページというサイトに出会いました。
学校図書館のあり方をいろいろと考える指針となっています。
ソフトの面でも、検索してみました。
図書検索や貸出・返却等の窓口業務、貸出状況集計などの管理業務をパソコンソフトでできないか?
学校図書館に管理システムの導入はどうだろうか?
システム構築の方法やポイントでは、どんなことが考えられるか探していましたところ、
CASAというソフトに出会いました。
また、このソフトを使いこなすために、東京や神奈川で高校の先生方の研究会があり、サイトも構築されていることに気が付きました。
東京CASA研究会や、神奈川CASA友の会です。千葉県でもいろいろと研究されていました。
CASA以外のソフトでは、school-softという会社の、SLBMPJというソフトもありました。
そして、いま、いろいろとある中で、児童生徒に分かりやすいディスプレーや音声による紹介という点で、他の学校からも紹介のあった、
教育システム情報BOXアプリというソフトに興味を持っています。この会社の司書ツールというソフトを使うと、日書連のデータと関連して、ISBNバーコードから、登録に必要な情報を受け取ることができます。それを、情報BOXアプリに転送して使うということになります。

また、蔵書を検索することについては、フリーのソフトがありました。
蔵書管理というソフトと私本管理Plusです。
二つとも試してみましたが、私はバーコードリーダーを持っているので、私本管理Plusのほうが使い勝手がよかったです。
私本管理plusというソフトをダウンロードして、バーコードリーダーで、ISBNのバーコードを読み取るとアマゾンにインターネットで連動していて、本の名前や著者などのデータを提供してくれますので、その情報を登録していけます。
登録した後は、ソフトからCSVファイルとしてエクスポートして、Excelで開くと、データが使えます。
使える部分だけ、コピーアンドペーストするというやり方で行けると思います。
昨年の図書担当の先生が、自分の学校の1500冊ほどをこのソフトを使ってバーコードリーダーで登録してくれました。そこから、台帳を作っていました。
CSVファイルで、いろいろと使い道が増えてくると思います。
検索とか、音声出力による紹介とかが考えられます。

前にいた養護学校は、貸し出しと返却の業務は、全部手書きでしていました。高等部 の図書委員の生徒が、頑張って、個人の図書カードに書いてあげていたのを覚えてい ます。図書委員が生き生きと頑張っていましたし、基本的な手書きの大切さも、あったと思います。
「また、学校経営的な判断でいうと、小学校であれば、貸し出し管理をパソコンで行うことにより、図書委員の児童に日常業務を任せることができます。給食時の校内放送のように、意味のある仕事を児童に責任を持ってやらせることは重要なので、パソコンの導入によって貸し出し管理が教育機会の一つになる」ということもアドバイスとして頂きました。
昨年度、新設校として図書室の管理運営も一からスタートという状況で、とりあえず、貸し出しと返却の業務は、全部手書きでスタートしていました。
パソコンの便利さを生徒に実感させる機会とするのであれば、パソコンによる管理も悪くないと思います。教師側の図書の管理も楽ですね。将来、そんな使い方ができたらよいですね。
どのような教育的位置づけにするか、校内で意思統一をしておく必要があると思います。
私としては、アフターネットデイという状況にあるので、ICTを活用して見たいという気持ちは持っています。

2006年05月10日

学校ホームページにおける新聞記事の取り扱い

ことしから、学校のホームページを作る一員となって、やっています。
つたないホームページですが、CSSとかも使いながら、なんとか、アップロードしました。
よかったら、見てください。
http://www1.kyoto-be.ne.jp/maizuru-s/
そこで、ちょっと考えてみました。

学校のことが新聞に載ったりします。
その記事を、学校ホームページでも紹介したいのですが、新聞にも著作権があるので、そのまま複製をいただくわけにはいかないな?と思います。
ならば、新聞社の電子記事にリンクを張らせてもらって、承諾依頼のメールを出そうと思ったりしています。でも、この電子記事はすぐにリンクが切れてしまいます。一ヶ月間だそうです。(次の記事になって)
それならば、自分らのことが書かれている記事を複製して使わせてもらうことはできないものでしょうか?(自分たちの肖像権は?) ということを考えています。

ネット上の友だちが、詳しく調べて教えてくれました。

学校HPでの掲載は授業の過程における使用ではないので、著作者である新聞社に許可を受けなければなりません。
社団法人日本新聞協会の↓の最後にあるように、新聞社にお願いするのが一番良いのではないかと思います。
http://www.pressnet.or.jp/info/kenk19971100.htm
うちのすぐ近くに新聞社があるので聞いたところ、新聞社が学校に取材に来て、その学校のHPに記事を載せるのはそんなに難しくないそうです。
新聞社の「著作物の使用申込書」を書いて提出し、許可を受け、遵守事項に則って行います。
遵守事項には記事を改変しないように例えば画像ファイルにして固定することや、新聞社に許可を受けたこと・新聞での掲載年月日を書くこと、ホームページのURLを新聞社に伝えることなどなどがあります。

分からないことがあれば、著作権について電話相談にのってくれる社団法人著作権情報センターを活用されるのもお薦めです。
http://www.cric.or.jp/index.html
メニュー・「著作権Q&Aシリーズ」の「著作権相談室」の部分をクリックすると「著作権テレホンガイド」の詳しいことが出ています。

とのことでした。ありがとうございます。

私も、再度、新聞社にメールを送って聞いてみました。
新聞メディア編集部からのお答えは、
「どうぞ電子記事へのリンクなどしてもらってご利用ください。」
という回答でした。
このリンクに対しても、この電子記事は、すぐにリンクが切れてしまいます。(次の記事になって)
いつまでも、可能ということではありませんので、他の方法は無いか考えました。
お答えは、
「そうですね。記事は1ヶ月しか上げていませんので、その後はnot foundとなってしまいます。」
ということでした。

その記事を、学校ホームページでも紹介したいのですが、新聞にも著作権があるので、こちらも、ちょっとよくわからないのですが、そのまま複製をいただくわけにはいけませんでしょうか?自分らのことが書かれている記事を複製して使わせてもらうことはできないものでしょうか?とメールをしました。

そのお答えは、
「画面のハードコピーをイメージとして使われるなら、これ以上の申請も許可も不要です。」
ということでしたので、うまくいきそうです。