2006年09月24日

NOTAが無料ダウンロード出来るようになりました。

NOTA(ノータ)
http://nota.jp/
というフリーのホームページ作成ソフトを、
養護学校の重度の生徒にも使いやすいソフトとして、インターネット上や学校内のイントラネットで使わせてもらっています。

そのノータが無料ダウンロードできるようになりました。

ライセンスや利用規約がありますが、教育関係に使うには大丈夫です。
作者の方も、「教育関係者に無料版NOTAを紹介することは問題ありません。また、教育利用におけるNOTAのよりよい使い方を解説したり、議論したりすることは、私たちにとってもNOTAの改善につながりますので、大歓迎です。」と言われています。
ただし、WEBサーバーにCGIなどができるようにするくらいの力がいりますが・・・。

でも、大丈夫です。もし環境が整っていない場合は、業者の取り扱っている商品もあるようです。
NOTAのサイトの中に 「教育業界向けNOTAの販売が、プライムデータ(株)より開始されました。」と出て います。

NOTAを使ってみて、使い勝手がよいのがわかっても、学校にサーバーの管理者がいない、また、管理者が転勤してしまったのであつかえる人がいなくなってこまってしまうのではないか?
さあ、どうしようという問題がよく起こります。
私たちには、サーバーの壁はまだまだ高いのです。
トップページにあります、こちらのサーバーメンテナンス付きのNOTAの方が、学校としては安心して購入できるということもあります。

私はNOTAネットワークに入会して、2年前から、学校内のWEBサーバーに置きました。
私は、無料ダウンロード版を使っています。
インストールの仕方は、このブログの中の
「学校のイントラネットにNOTAを置きました。」
に載せています。
よかったら、チャレンジしてみてください。
わからなかったら、ご相談にも応じます。

学校内では、どんな使い方ができるかというと、
生徒としては、パソコンの授業で、自分のホームページをNOTAで制作し、印刷して持って帰ったり、校内イントラネットに配信して、本校や分校の生徒にも見てもらっています。
また、NOTAのテレビ会議システムも、NOTAネットワーク仲間から、ありがたいことにオプションとして組み込ませいただき、本校・分校間の交流に使っています。

体験してもらうサイトとして、
ヒライー・ポッターのNOTA
http://hiraipotter.or.tv/nota2s/nota/
のお試し用ページでいろいろと書き込んだり、貼り付けたりしてみてください。
お絵かきも鉛筆感覚でできます。

私個人としては、こんな使い方をしています。
私は、養護学校で今年から作業学習(染色)を教えています。
事前研究のため、まずは私自身が染色に取り組んできました。
そして、しだいに藍染めに魅せられて、心から、はまってしまいました。
NOTAで、自分の作品と製作工程についてまとめていきたいと考えています。(詳細は、ブログにリンクしていきます)
また、草木染めにも取り組んでいます。よかったら、ご覧ください。
こんなサイトが、学校内で展開されています。

平井の藍染めNOTA
http://hiraipotter.or.tv/nota213/nota/aizome/index.cgi