« 学校ホームページにおける新聞記事の取り扱い | メイン | 愛用ノートパソコンから、パリパリという音が・・・! »

2006年05月21日

Webアクセシビリティのチェック

WebInspectorの紹介
WebInspector(ウェブインスペクター)は、例えば自分の制作したウェブサイトが高齢者や視覚に障害のある方にも読みやすいかを診断する、富士通のソフトウェアです。
WebInspectorは、WindowsとMac OS Xで動作し、無償で今すぐダウンロードして使うことができます。
ユニバーサルデザインの考え方に沿って、自分のサイトをチェックできます。
自分のホームページとか、私の場合、自分の学校のホームページも制作し始めましたので、絶えずチェックしておく必要も出てきています。

JIS X 8341-3 高齢者・障害者等配慮設計指針に沿って
‐情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス‐ 第3部:ウェブコンテンツに対応したチェックが可能です。JIS規格に沿った診断をおこなうことにより、より一般性の高いアクセシビリティ改善とサイトの信頼性の確保が可能となります。

ただし、Windowsでご使用の場合、あらかじめJAVAのインストールが必要になってきます。
WebInspectorをWindowsでご使用の場合、Java 2 Platform、Standard Edition (J2SE) 1.4以上をインストールする必要があります。サイトの指示に従ってインストールしてください。
http://java.com/ja/
上記サイトから「Windows (各国語、米国語を含む)」の「JRE (Java 2 Runtime Environment)」をダウンロードしてください。
そしたら、動作し出しました。
私のサイトも、いっぱいチェックしてもらえました。